お気に入りコスメ等の口コミ体験レビューです。スマホでもご覧いただけるサイトです。

menu

通販美人


産後ダイエット(摂取カロリーを抑えて、消費カロリーを増やすというのが基本です)には、ヨガ(伝統的な流派として、ハタ・ヨーガやラージャ・ヨーガ、カルマ・ヨーガ、バクティ・ヨーガなどがあります)がよいとされていますね。

実際、ヨガ(エクササイズ的な要素が強い近代的なヨガとして、アシュターンガ・ヨーガやパワー・ヨーガ、マタニティ・ヨーガ、ホット・ヨーガなどが有名でしょう)で産後ダイエット(女性なら誰でも一度くらいはしたことがありますよね)を成功させたタレントも多いため、試されてみるのも良いと思います。

では、どうしてヨガをすることによりダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)につうじるのでしょう?

その理由は、以下の通りになります。

・骨盤(骨髄移植の際には、腸骨や坐骨から骨髄液を採取するそうです)を矯正できる
・血行促進効果アリ
・筋肉を強化できる
・心が穏やかになる

まず、ヨガ(アメリカで流行し、エクササイズや健康法として日本でもブームになりました)を行ったら、産後のずれた骨盤(歪んでしまった骨盤を矯正するためのグッズがたくさん売られています)を矯正することができます。

骨盤(上下左右に動く骨で、姿勢が悪いと歪んでしまいます)がずれた状態だと代謝が悪いため、それを戻す事により代謝をアップさせることができるでしょう。

それに、血行をよくしたり、筋肉を強化できて、更に、代謝を高めてくれる事ができるはずです。

また、ヨガ(エクササイズ的な要素が強い近代的なヨガとして、アシュターンガ・ヨーガやパワー・ヨーガ、マタニティ・ヨーガ、ホット・ヨーガなどが有名でしょう)を行うようにすると心を落ちつけることができて、ストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)の解消にもなるでしょう。

(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)はダイエットにおいてマイナス要素なので、ストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)を解消することでダイエット(色々な方法がブームになりますが、結局のところ、食事の改善と運動しかありません)の成功率がUPすると思っています。

ヨガ(伝統的な流派として、ハタ・ヨーガやラージャ・ヨーガ、カルマ・ヨーガ、バクティ・ヨーガなどがあります)と言えね教室(掃除当番がやたらと面倒だったものです)やジムに通わなけれねいけないイメージが強いかもしれませんが、家庭でも簡単に可能となりました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

アヤナストライアルセット

ビバリーグレンラボラトリーズ